So-net無料ブログ作成

L'altra notte in fond al mare

今年も、性懲りもなく、図々しく、市のサロンコンサートのオーディションに応募、出ました。

今回は、本番の19日前に、人生初の腰痛もちになってしまいましたが、・・・本番前のレッスンと練習の楽しさは何物にもかえがたく、素人にはなかなか味わえない、大ホールでの本番を味あわせていただきました。

曲は、Boito作曲 オペラ「MEFISTOFERE」より、L'altra notte in fond al mare(ある夜、深い海の底に)です。

伴奏は、友人のピアニストにお願いしました。

伴奏あわせの音源と本番の音源をここに載せます。

伴奏あわせ

本番

勿論、オーディションは落ちましたが、貴重な体験をさせていただきました。

昨年のホールは、すごく響くホールだったので、ホールの違いにもびっくりしましたが、またしても、発声の基礎の大切さを感じました。


dove sono 講評

大変おそくなりましたが、昨年の講評を、載せるのを、忘れていました。

講評は、昨年7月に届き、下記のようなものでした。丁寧で端的な講評をいただき、ありがたく思っています。

「お声そのものは多少ノドに頼ってしまうところも見受けられますが、十分にヴォリームもあり響きの統一を図ることによってさらに良くなると思われます。オペラのアリアには、一つに単純に心情を吐露する歌唱が求められるとすれば、アリアに先立つレチタティーヴォ・アッコンパニャートの扱いも大変重要です。そして、より表現を豊かにするためにも伊語の発語の向上に期待します。」


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。