So-net無料ブログ作成
検索選択

♪「叱られて」二次予選ホール審査

これは、2009年「叱られて」コンクール二次予選のホール審査の時の録音です。

客席からの録音ではなく、舞台袖の反響板の後での録音なので、録音状態がよくありませんが・・・。音量をMAXにして、やっと聴きとれる録音音量になってしまいました。(客席で録音するだけの精神的余裕がなかったんです・・)

 「叱られて」コンクールは、二次予選で、落選し、本選に進むことはできませんでした。

審査員講評「素直な声ですが、声がこもり発音が不明です。基本を大切に身につけてください。Eの母音に注意が必要です。」をいただきました。

声がこもる、Eの母音・・・これらは、高校生の頃から、指摘されていることなので、・・・やはり、基本がまだまだなのだなあと、あらためて思いました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

Cecilia

私も声がこもるほうです。
昔ほどじゃないかもしれませんが。
普段の話し方も歌に影響するのだろうなあ・・・と思うのですが、もっとあっけらかんとした話し方ができれば歌もこもらなくていいのかなあ・・・と思ったり・・・。
by Cecilia (2009-09-01 18:24) 

かなりや♪

Ceciliaさん
niceありがとうございます。

声がこもる・・・私の場合、どれだけ、自分を出せるかなのかなあ?・・・なんて、まるで丸裸になれるか(変な意味ではなく・・)、あるいは、こう表現したいという自分自身をもっているのか・・・が問われている気さえしてしまうことがあります。

精神面かもしれませんが、どれだけ自分を解放して、表現できるかにも、かかわっている気がします。

思ったように(イメージしたように)歌う技術なんて、まだまだなのに、こんなこと言ってます!

まだまだ、歌う時の響きのポジションさえ、定まっていません。迷い子です。

自分の憧れる声、心地よいと思われる歌声をもとめて、さまよっている・・・それでも、楽しい!!で~す。

これからも、よろしくお願いします。
by かなりや♪ (2009-09-01 20:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。